メンズ

一棟売りマンションはカシコク利用しよう|収益アップを目指す

効率的な住宅活用

部屋

短期間の賃貸

住宅を空き家にせざるを得ない場合、そのまま放置しておいては古くなる一方です。もう二度と住む可能性がない住宅であれば売り家にすることも考えられますが、いずれ戻るかもしれないという場合には、売却してしまうわけにもいきません。だからと言って、貸家にしてしまうと戻りたい時に戻れないということになりかねません。このように、空き家をどうすべきかは簡単に結論が出るものではありません。売るに売れない、貸すに貸せないような住宅の対応策として、リロケーションという考え方があります。リロケーションであれば、いつまでという期間を区切って物件を賃貸することになりますので、2年間や3年間といった短期間だけであっても賃貸収入を得ることができます。

期間限定で賃貸

注意しなければならないのは、短期間の賃貸になりますので、需要が少ないということです。そのため、リロケーションをしたくても賃借人が見つけられるとは限りません。期間が短いという制限がある分だけ、通常の家賃の相場よりも低い家賃で貸しだされるのが一般的ですが、それでも借りる人がいない場合もあります。オーナーとしては、タダでもいいので、誰か住んでくれればいいくらいの気持ちでリロケーションを行うことが大切です。事実、誰も住まないままで空き家を放置しておくよりも、誰かに住んでもらった方が住宅が古くなるのを防ぐことができます。また、空き家にしておくと周囲に迷惑をかけることもありますので、リロケーションによって一定期間住んでもらうことは大きなメリットがあります。